トピックス

ABOUT US|カッ跳び戦隊 縄★レンジャーとは

ABOUT USカッ跳び戦隊 縄★レンジャーとは

~あなたは、知っていますか?
…なわとびを越えた
NAWATOBIを!~

変幻自在にロープを操るなわとび世界チャンピオンの経歴を持ち
コミカルかつ斬新なパフォーマンスで全国を縦横無尽に跳び回る!
アクロバティックロープパフォーマンス集団! 『カッ跳び戦隊 縄★レンジャー!!』

無限の可能性を秘めた NAWATOBI STYLE

ブログ最新記事

BLOGブログ最新記事

  • なわとび ダブルダッチ 学校公演東京都世田谷区立新町保育園父母会お楽しみイベント

    こんにちは イエローのサニーです 今日は世田谷区立新町保育園の父母会お楽しみイベントに参加してきました 窓いっぱいの大きなポスターもありがとうございます とっても嬉しいです 園児さんは『縄★レンジャー』って最初に呼んでく […]

  • なわとび ダブルダッチ 学校公演神奈川県川崎市立西有馬小学校★

    おはようございます 縄★レンジャーピンクAIです 12月12日に川崎市立西有馬小学校でジャンプスクールをしてきました 前回、西有馬小学校に行かせていただいたのは、2016年だったので、3年ぶりになります 今回も1・2・3 […]

ブログ記事の一覧はこちら 

ダブルダッチとは?

【究極のスピード、テクニックを競い合うニュースポーツ】
2本のロングロープを使って最低3人以上で跳ぶなわとびです。
向かい合った2人のターナー(回し手)が、右手のロープと左手のロープを半周ずらせて内側に回す中を、ジャンパー(跳び手)が色々な技を交えて跳びます。
誰にでも手軽にでき、集中力、持久力、リズム感、創造力、バランス、そしてチームワークが
自然に身につく楽しいスポーツです。

また、正式な大会ルールには男女混合でないといけないという決まりも義務づけられていて、
世界的に見ても珍しいチームスポーツです。

そして、世代・性別・環境・人種・宗教などの垣根を越えて楽しめるグローバルスポーツでもあります。

ダブルダッチの歴史

ダブルダッチは、300年以上前ハドソン川のほとりのニュー・アムステルダム(現在のニューヨーク)に入植したオランダ人によってアメリカに持ち込まれたと言われています。

ダブルダッチの『ダッチ』という言葉は、オランダ人を指し、彼らが複雑でおかしなことをした時に、それを指して言うイギリス人の俗語で、イギリス人がこの遊びに『ダブルダッチ』という名をつけました。

家の前の狭い道路でも、わずか2本の物干しロープがあれば出来ることから、当時の子ども達の間に広まっていきました。

しかし、その後に街が発展し交通も激しくなり、遊びも豊富になった1950年代の終わり頃からダブルダッチは徐々に忘れさられていきました。

その後、時間が流れ1973年、ニューヨーク市警の2人の警察官が路地でダブルダッチを楽しむ子供たちの姿を見て、ハーレム地区などのスラム街で急増する少年・少女達の非行に歯止めをかけるため、ダブルダッチにルールを作り、新しいスポーツとして再生させ、そのスポーツの普及活動を始めました。

翌年の74年「第1回ダブルダッチ・トーナメント」を開催!
現在では全米で人気のスポーツのひとつとなり、若者や子ども達を中心に世界に広がっています。

日本では1996年に日本ダブルダッチ協会(JDDA)が正式機関として発足し、ダブルダッチの普及活動を行っています。

また、2002年に日本初となるダブルダッチパフォーマンスの全国大会が民間団体により開催され、現在までも続く日本で一番歴史のある大会となり、その先の世界大会にまで発展しています。

カッ跳び戦隊 「縄☆レンジャー」 学校出演、イベント・TV出演のお問い合わせ、こちらから 03-6432-7592(桜蘭株式会社) 出演 依頼・お問い合わせはこちら